岡本~高根沢の紅白鉄塔旅 その1

12年10/21、一人で電車で岡本~高根沢の送電鉄塔と鬼怒グリーンパークのコスモスを見に行きました。
JR宇都宮線に乗り岡本駅で降りてスタート。まずは栃山線と猪苗代新幹線の送電鉄塔を見に行きました。
10年5/16の「ひたち海浜公園」を抜き一人で最も遠い所に行きました。
鉄塔旅その1は宇都宮側の送電鉄塔です。

12年10/21 その1

画像


画像

栃山線36号。66kV4回線が交差し別れるV付き耐張の鋼管紅白鉄塔です。航空障害灯なし。色褪せた紅白の鋼管鉄塔です。
栃山線は154kV送電線、2導体。

画像

栃山線36号の小札。高さ 78m 。昭和51年4月建設。小札は標準書体新タイプ。
塗り分けは80m級ですが80mは越えていませんでした。

画像

栃山線36号の結界見上げ。

画像


画像

栃山線36号付近から栃山線と猪苗代新幹線の鉄塔群。154kVの高い鉄塔がたくさんあります。

画像

栃山線34号。耐張の山型鋼紅白鉄塔です。猪苗代新幹線4回線を跨ぐため、かなり高い154kV2回線単独の紅白鉄塔です。
最上部にフラッシュが点滅しています(昼夜点滅)。最近設置されました。かつては赤色2段かな?
右の鉄塔は猪苗代新幹線469号で、上段が河内変電所に入る線、下段が変電所から出て埼玉方面に行く線です。

画像

栃山線34号と猪苗代新幹線469-1号の紅白鉄塔。

画像

栃山線34号の小札。高さ 88m の高い紅白鉄塔でした。昭和62年6月建設。小札は旧型4隅丸穴付きプラタイプ。

画像

栃山線34号の結界見上げ。高いので迫力ある結界絵画です。

画像

栃山線34号紅白鉄塔の近くの航空障害灯電源のコンクリート柱にも小札が付いていました。栃山線34-1号で 8m 、新タイプの小札。
その右の紅白鉄塔は猪苗代新幹線469-1号。耐張の山型鋼紅白鉄塔、航空障害灯なし。入りづらく高さは確認できませんでした。

画像

猪苗代新幹線468号。片側V付き耐張の山型鋼紅白鉄塔です。航空障害灯なし。下段に腕金なし66kV用地があります。
466号の間で鬼怒川を跨ぎます。

画像

猪苗代新幹線468号の小札。高さ 73m 。昭和54年5月建設。小札は新タイプ(標準書体)。
送電線名に新幹線が付いています。乗り物ではない新幹線で、電気を送る新幹線です。

画像

国道4号新鬼怒川橋から見た老番側の猪苗代新幹線と栃山線。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

市松
2014年03月17日 19:04
猪苗代新幹線紅白鉄塔469-1号より1つか2つ河内変電所寄りの懸垂型鉄塔が紅白に塗り替えられていました。
tetto-kochan
2014年04月02日 22:41
469-1号より2つ河内変電所寄りの懸垂型の469-3号で、Googleマップのストリートビューで見たらまだ紅白ではないが航空障害灯が設置されていました。
市松
2020年03月21日 15:09
そう言えば、猪苗代新幹線鉄塔469-1号が紅白色から、普通色に塗り直されてました?普通色から紅白色ならまだしも、紅白色から普通色にとは?
Tetto-kochan
2020年05月01日 00:08
市松さん、お久しぶり。(返信2ヶ月遅れました…)
猪苗代新幹線の469-1号が確かに通常色(普通色)に塗り変わっていました。468号も紅白から通常色に塗り変わっていました。

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ