千葉市 泉~千城台の紅白鉄塔旅 その3

その3は東千葉外房線19号・11号の紅白鉄塔、北千葉線66号の紅白鉄塔です。

画像

東千葉外房線19号。V懸垂の山型鋼紅白鉄塔です。航空障害灯なし。
遠くに北千葉線66号の紅白鉄塔が見えます。

画像

高さ 69.6m 。

画像

東千葉外房線19号の結界見上げ。林の近くにあり木がかなり写っています。

画像

東千葉外房線11号。片側V付き耐張の山型鋼紅白鉄塔です。航空障害灯なし。
高さ 66.2m 。V懸垂は予想より高く、耐張は予想より低いのが多いです。
柵があり、柵と足元の地面がピカピカで、最近設置されたようです。

画像

275kV2導体の送電鉄塔、北千葉線66号。耐張の鋼管紅白鉄塔です。航空障害灯2段。紅白の状態は下半分がきれいで上半分は色褪せていました。
東千葉房総線を跨ぐ高い紅白鉄塔で、潜る東千葉房総線13号はドナウ鉄塔になっています。高さ 46m (塔マップ調べ)。

画像

北千葉線66号の小札。高さは 81m と高めです。昭和52年6月。札は新タイプで、東千葉外房線23号と同じタイプの書体でした。

画像

小さな公園から。たくさん歩いて疲れ、お腹が空きコンビニで買った食べ物を食べました。

画像

千城台駅付近のモノレールの車窓から北千葉線、65号~老番を望む。

画像

(10年12/8)
千葉県庁19階から北千葉線66号。

約13km歩き、千城台駅に着きました。

次回の一人鉄塔旅は、千葉市の泉~土気に行ってみたいです。5月には栃木・小山の鉄塔に行こうと思います。途中花の名所に行くついでに一部鉄塔を見に行く場合もあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事