秩父鉄道1000系に乗りました

2014年3/8、羽生駅で秩父鉄道に乗り換え、引退目前の秩父鉄道1000系に乗りました。自分は秩父鉄道に乗るのも初めてです。
秩父鉄道1000系は国鉄(現JR)101系を譲渡した車両で、1986年に登場。登場から25年以上、車齢が50年以上が経過し、老朽化が進んだため、7000系や7500系に置き換えられ廃車が進んでいました。
2014年2/23に1010Fが引退し、これで秩鉄オリジナル色は全滅、オレンジバーミリオン塗装の1003Fの1編成のみになりました。
1003Fは2014年3/23にさよならイベントをもって引退、1000系が完全引退する予定です。これで国鉄型一色塗装の4ドア通勤電車は関東から全滅し、西日本にしか見られなくなります。
引退する前に念願の秩父鉄道1000系に乗ることができました。1003Fのオレンジバーミリオン塗装で、2011年8月に塗り替え。今としては貴重な車両でした。
1000系の静態保存は今のところ情報なし。1両でもぜひ静態保存してもらいたいです。 

画像

秩父鉄道1000系 1003F オレンジバーミリオン。クハ1203。
引退記念「FINAL RUN」のヘッドマークが付いています。一番下に 1986.9.1~2014.3.23 。羽生駅にて。

画像

東武伊勢崎線ホームから。

画像

デハ1003。

画像

大麻生駅で降り、1000系とはお別れ。この後歩いて鉄塔旅に行きました。

2014年3/8 つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プラ太郎
2014年03月13日 22:00
こんばんは
秩父1000系もとうとう引退ですか・・・。車齢50年とは、とても大事にされてきて走ってきた感がありますね。国鉄101系電車が見られなくなるのはさびしいですが、大切にされてきた1000系が無事に任務を終えられるように願うばかりです。それにしても秩父鉄道はいろいろな車両があって面白いですよね。
tetto-kochan
2014年03月16日 23:55
プラ太郎 さん、おひさしぶり。
東武8000系も初期車は車齢50年です。8106Fが昨年10月に50年を迎えました。しかし今年の3月に廃車となってしまいました。これで野田線で走っている1963年製は8110Fの1編成のみ。
それにしても50年はとても長い。秩鉄1000系、東武8000系の他にはなかったかな。
秩父鉄道は他に5000系(元都営地下鉄6000形)、7000系(元東急8500系)、7500系・7800系(元東急8090系)、急行用の6000系が走っています。

送電鉄塔の方は、猪苗代旧幹線の原型鉄塔、あと4ヶ月で100年を迎えますね。

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事