那珂の特大鉄塔旅 その5

その5は常陸那珂火力線21~17号です。21・20・19号のV付き耐張紅白鉄塔3連続。
この日の鉄塔旅の最終回。

画像

常陸那珂火力線21号。片側V支持碍子付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

21・20・19号の紅白鉄塔3連続。25・24・23号に続き、再びV支持碍子付き耐張の紅白鉄塔3連続です。
21号の根元はフェンス付きで藪がとても深く一般用番号札が見えず、一般札がある脚を目指し突き抜けようとしたがこの先がさらにひどくなり棘のある雑草もあり接近困難、また日没が近づいているため一般札の確認をあきらめました。高さ未確認。

画像

常陸那珂火力線20号。直角の重角度で曲がる片側V支持碍子付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。
若番側。

画像

19号から見た老番側の20号。

画像

脚を見上げながら20号の一般用番号札。高さは 110m でした。

画像

20号の結界見上げ。直角の重角度で鋼管が太く、重圧感のある大迫力の結界絵画です。

画像

常陸那珂火力線19号。片側V支持碍子付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

暗くなり赤色航空障害灯が点灯しました。

画像

19号の一般用番号札。高さ 105m 。

画像

19号の結界見上げ。

画像

常陸那珂火力線18号、17号。18号は片側V支持碍子付き耐張の通常色鉄塔。17号はV吊懸垂の通常色鉄塔。
18号は高さ未確認、17号は高さ 103m 。

画像

暗くなり赤色航空障害灯3段点滅が点灯した常陸那珂火力線16号、15号。4年前に訪問した鉄塔で、16号は 119m 、15号は 118m 。遠くの赤色3段点滅付き紅白鉄塔は7号(120m)。

常陸那珂火力線17号で鉄塔旅は終わり、2010年5/16の帰りと同じ道を通り、佐和駅に着きました。
100~120mを超える特大紅白鉄塔がたくさんある大迫力の鉄塔旅で、澄んだ青空の晴れで行くことができ最高の鉄塔旅でした ウグイスがたくさん鳴いていました。
歩行距離は 約22.8km で、2013年11/23の深谷本庄の旅を抜いて最長距離の一人旅でした。スタートは11:50頃(常陸鴻巣駅)、ゴールは19:25頃(佐和駅)で、7時間半以上かかりました。
出発は8:30頃、帰宅は22:25頃。長い長い最高の一人旅でした


★今回高さ確認した鉄塔
常陸那珂火力線(275kV(500kV設計))
17号 103m、19号 105m(紅白)、20号 110m(紅白)、23号 115m(紅白)、24号 124m(紅白)、25号 125m(紅白)、26号 90m、27号 90m、28号 122m(紅白)、29号 123m(紅白)、30号 113m(紅白)、31号 117m(紅白)、32号 113m(紅白)、33号 111m、34号 118m(紅白)、35号 98m、36号 108m(紅白)、37号 105m(紅白)、38号 124m(紅白)、39号 124m(紅白)、40号 97m、41号 89m(紅白)
東海原子力線(275kV)
40号 54m、41号 90m(紅白)、42号 84m
西茨線(154kV)
41号 67.3m(紅白)、42号 38m
村松線(154kV)
5号 41m
茨城線(154kV)
185号 39m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あお
2014年06月30日 00:32
初めまして♪
「那珂の特大鉄塔旅」感動的ですね!
自分も3年ぐらい前に常陸那珂火力線の2・4・6・16・27・36・37号を撮りましたよ。
みんなどでかい鉄塔でかっこ良いですよね!常磐道から見える常陸那珂火力線を見てうっとりしています♪
ちなみに自分のお気に入りの常陸那珂火力線は発電所から4号までの鉄塔ですね!とてもタイトな姿で、ここでしか見たことのない姿なんですよ(^w^)

tetto-kochan
2014年07月13日 22:39
あお さん、はじめまして。  
発電所から4号までが都市型鉄塔という変わった形で、一部はフラッシュが点滅しています。ひたち海浜公園のみはらしの丘から見えました。
常陸那珂火力線で自分のお気に入りは、 東海原子力線を越える38・39号と茨城変電所の24・25号 の特大紅白鉄塔です。あとは28~32号の5連続紅白。   
高さはほとんど90mを超え紅白鉄塔は105~125mと非常に高く大迫力で、天気も良く見事な良い写真がたくさん撮れてとても感動しました☆      

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事