2014年11月 新野田変電所周辺の鉄塔旅 その1

2014年11/23、東京理科大学野田キャンパスの学園祭「理大祭」に行き、ついでに新野田変電所周辺の鉄塔旅に行きました。理大祭も楽しかったです。

その1は鹿島線7~5-1号と新京葉線63・64号です。7年前の2007年3月に行った鉄塔を再訪問しました。

画像

鹿島線7号。耐張の鋼管紅白鉄塔。赤色航空障害灯2段。
鹿島線は4導体275kVですが新京葉線64号交差~7号までは500kV設計の大型鉄塔です。8号から275kV用に戻りますが、つくばエクスプレスを越える25・29・30号にも500kV設計の大型鉄塔があります。

画像

鹿島線7号の一般用番号札のタイプは現在も4隅丸穴付きプラ製でかすれていて7年前の訪問時は読み取れなかったが、今度は望遠で拡大したところ読み取ることができました。
高さは 89m でした。建設年月は昭和58年10月。

画像

鹿島線6号。片側V支持碍子付き耐張の鋼管通常色鉄塔で、紅白ではないがかなり背の高い鉄塔です。
銀杏並木が黄色く染まっていました。

画像

鹿島線6号の一般用番号札。高さ 116m 。7号紅白より27m高い、非常に高い鉄塔でした。
札タイプは標準型アルミ製に交換されていました。7年前の訪問時はプラ製でかすれていて読み取りにくい状態でした。

画像

鹿島線5-1号と6号、左の紅白鉄塔が新京葉線61号。
5-1号は重角度で曲がるV支持碍子付き耐張の鋼管通常色鉄塔。

画像

鹿島線5-1号の一般用番号札。高さ 80m 。

画像

画像

新京葉線63号の新野田線分岐紅白、64号の鹿島線交差通常色の2基の特大鉄塔。

画像

画像

画像

画像

画像

新京葉線63号を近くから見上げていろいろな角度から。近くで見るとかなり重圧感があり大迫力です。
新野田線を分岐する大きな鋼管紅白鉄塔で、赤色航空障害灯3段点滅。2007年3月にも訪問した鉄塔で高さ 125m もあり一番高い鉄塔です。

画像

新京葉線64号。下回線に鹿島線を併架交差する鋼管通常色鉄塔。下段の鹿島線は275kVですが500kV設計になっており500kV設計同士の巨大交差鉄塔です。高さ 118m (ウェブ調べ)。


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事