下郷線178号 紅白鉄塔

鬼怒川旅行の2日目(2016年1/7)に、下郷線の特大紅白鉄塔の根元に行きました。
2日目は晴れて空が綺麗でした

画像

下郷線178号。耐張・鋼管の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅(2008年の夜見たが点灯していなかった)。紅白の状態は少し色褪せています。
500kV4導体の送電線で、普通の2回線に見えますが下郷線1回線と塩原線1回線に分かれています。おそらく左が塩原線、右が下郷線。
鉄塔の形が新京葉線66号と似ています。

画像

画像

積雲のある澄んだ青空が綺麗でした

画像

結界見上げ。澄んだ青空の大迫力の結界絵画です。

画像

一般用番号札。高さは 109m でした。
建設年月は昭和57年2月、札タイプは細文字型アルミ製。その下には塩原線のみが書かれた札がありました。
耐張で腕金が白白赤ですが下部の塗りが短めでありさすがに120mは行かず110mもわずかに届いていませんでした。これでもとても高く迫力あります。

画像

下郷線177号若番側と日光連山。
写真から見てこの先は山を登っていき山岳地帯に入ります(番号順は山を降りて平地に入ります)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

下郷町陽平祭委員会です。
2016年02月05日 17:18
大分県の下郷町陽平祭委員会です。
「農」に対するこだわりについて日々精進しております。
下郷陽平祭委員会では、無農薬野菜を使った料理のレシピを作成しています。
2016年02月23日 12:54
Tetto-kochanさん、こんにちは。
東京電力の50万ボルト送電線はこんな形の鉄塔が多いですね。
私も鬼怒川温泉に行ったときに見ました。

それと2月19日から21日まで苗場スキー場(かぐら田代みつまたも含む)と十日町雪まつりに」行ってきました。
今回は新新潟幹線と南新潟幹線を満喫できました。
苗場スキー場には新新潟幹線(500KV)と中東京幹線(275kv)がスキー場構内を横切ってます。
またかぐら田代みつまたスキー場は新新潟幹線と中東京幹線のほかに南新潟幹線(100万ボルト設計)も通っていて日本で唯一100万ボルト送電線がスキー場構内を通ってるスキー場です。
また苗場と田代スキー場を結ぶドラゴンドラからもいろんな送電鉄塔を見ることができます。
また田代ロープウェイからは奥清津水力発電所を見ることもできます。
苗場とかぐら田代みつまたは送電鉄塔ファンにとっては行く価値の大きいスキー場です。
もしよかったらTetto-kochanさんも行ってみてください。
また雄大な雪山の景色も楽しめます。
ただ天気が悪いと霧や雲で送電線が見えないこともありますので天気の良い日をお勧めします。
また途中での道でも送電線を撮影しました。

それと十日町雪まつりもかなりお勧めなイベントです。
特に2日目の夕方に開催される雪上カーニバルは圧巻です。

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事