菅谷勝田の鉄塔旅 その1

2017年1/22、一人で電車で茨城県のひたちなか市・那珂市に行き鉄塔旅に行きました。2017年初の鉄塔旅。
行きは柏から水戸までJR常磐線の特急「ひたち3号」に乗車。一人初のJR特急列車乗車です。
佐和駅で降りてスタート。天気は晴れて暖かく、遠くはやや霞んでいましたが青空は綺麗でした。

その1は常陸那珂火力線。17〜21号を再訪問しました。
2014年5月訪問はこちら

画像

常陸那珂火力線17号。V吊懸垂の通常色鉄塔。やや右にカーブし、V碍子が傾いています。

画像

17号の若番側。16号紅白鉄塔を望む。

画像

17号の一般用番号札。高さ 103m 。

画像

常陸那珂火力線18号。片側V支持付き耐張の通常色鉄塔。
2014年5月訪問時は日没の関係で一般札の確認ができていなかった鉄塔です。
18号と19号との間隔が短く、次の19号紅白鉄塔がよく見えます。

画像

18号の一般用番号札。高さ 101m 。通常色も100mを超える高い鉄塔です。

画像

常陸那珂火力線19号。片側V支持付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

19・20・21号の紅白鉄塔3連続。午前訪問で天気が晴れたので紅白に青空が綺麗でした☆

画像

19号を近くから見上げて縦撮り。

画像

19号の結界見上げ。

画像

脚を見上げながら19号の一般用番号札。高さ 105m 。

画像

figmaたちも鉄塔旅。19号の紅白鉄塔に 穂乃果、美琴、まどか の3人。
右上に20号。

画像

常陸那珂火力線20号。直角の重角度で曲がる片側V支持付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

画像

20号をすぐ近くから見上げ。上は19号側、下は21号側。鋼管がかなり太く重圧感があります。

画像

20号の結界見上げ。19号とともに日中の青空の時に行ったので綺麗な大迫力の絵画でした。

画像

20号の一般用番号札。高さ 110m 。
figmaの 穂乃果、美琴、まどか も入れてみました。

画像

20号の下から21号を望む。2014年5月訪問時に一般用番号札(高さ)が確認できなかった21号のリベンジを目指しました。

画像

常陸那珂火力線21号。片側V支持付き耐張の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

画像

若番側、21号と20号。

画像

21号は2014年5月訪問時はフェンス付きで周囲はとても深い藪で日没も近づいていたため一般用番号札の確認はあきらめましたが、今回の再訪問で1月は藪だった所が入りやすくなり、一般用番号札が見える所に接近することができました(^-^)
21号を近くから見上げ。

画像

21号の一般用番号札。高さは 112m でした。20号より2m高く、こちらも110m超えの特大。
これで常陸那珂火力線の25基もある紅白鉄塔をすべて制覇しました。

画像

20号と19号、若番側を望む。

画像

21号紅白鉄塔と茨城変電所付近の特大紅白鉄塔3連続。
右から 21号紅白(112m)、22号、23号紅白(115m)、24号紅白(124m)、25号紅白(125m)。

画像

4車線の国道6号、佐和下宿交差点の歩道橋から今回見た3連続紅白鉄塔を望む。
右から 19号紅白(105m)、20号紅白(110m)、21号紅白(112m)、22号、23号紅白(115m)。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事