関宿の鉄塔旅 その2

その2は利根川の堤防から見た山西線・河北3.4L線・河北1.2L線の利根川横断鉄塔です。

空気の澄んだ快晴になり、千葉県側の堤防からの眺めは最高で、筑波山がくっきり、日光連山などの遠くの山が見えました。

画像

利根川を横断する山西線108号と河北線36号の2基の紅白鉄塔。いずれも7年前に訪問した鉄塔です。
2基とも最近再塗装されて綺麗な紅白鉄塔になりました。
千葉県側の堤防から見事な良い鉄塔写真がたくさん撮れました

画像

画像

山西線108号、V吊懸垂・鋼管の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅。
高さ 124m もある、66kV最高クラスを誇る超特大紅白鉄塔です。

画像

画像

河北3.4L線36号、V吊懸垂・山型鋼の紅白鉄塔。赤色航空障害灯2段。高さ 86m 。
電線の真下から見ると4導体の電線が垂れ下がっているのが良い感じです。
奥には新古河変電所の鉄塔群と、くっきりとした筑波山が見えます。

画像

画像

画像

画像

利根川の堤防を歩いて南下し、河北3.4L線36号と山西線108号の2基の紅白鉄塔をたくさん撮ってみました。
山西線108号が比べ物にならないほど高いです。

画像

千葉側の利根川堤防・サイクリングロードと澄んだ空と山西線・河北3.4L線の横断鉄塔群。

画像

千葉側の堤防から山西線と河北3.4L線の利根川横断鉄塔、千葉側の山西線109号(90m)・河北3.4L線35号(84m)と茨城側の山西線108号(124m)・河北3.4L線36号(86m)。
堤防から見るロングスパンで大きな河川を越える並走鉄塔も見ごたえがあり大好きです
並走する河川横断鉄塔は鬼怒川を越える栃山線と新茂木線もあります。

画像

山西線111・110号の門型鉄塔・河北3.4L線34号と山西線109号・河北3.4L線35号。

画像

山西線109号と河北3.4L線35号のズーム。こちらは見た目いい勝負の高さです。
遠くに新古河線と猪苗代新幹線の横断紅白鉄塔が見えます。

画像

画像

河北1.2L線36号。V吊懸垂・山型鋼の紅白鉄塔。利根川の河川敷に建っているためコンクリートのラーメン基礎付きで、紅白鉄塔の向きが斜めになっています。
最近再塗装された綺麗な紅白鉄塔です。赤色航空障害灯は2段で、以前は無しだったが最近設置されました。

画像

河北1.2L線36号の一般用番号札。高さ 66m 。河川横断の割には60m台と低めですがおそらくラーメン基礎を含めない高さで、ラーメン基礎を含めれば78m辺りか。
一般用番号札の線名表記は「河北線」。河北線だけでなぜか 1.2L の表記がありません。
建設年月は昭和43年5月。札タイプは細文字型アルミ製。

画像

(2010年10/27)
7年前、紅白が色褪せていた頃の河北1.2L線36号。
再塗装後は塗り分け位置が変わり腕金が白赤赤から赤白赤に変わっています。

画像

対岸・茨城県側の河北線1.2L線、37号紅白、38号、39号紅白。
37号はV吊懸垂・山型鋼の紅白鉄塔、赤色航空障害灯2段。こちらはまだ再塗装はされず色褪せたままでした。
39号は以前は通常色で最近紅白に塗り替えられた紅白鉄塔で、赤色航空障害灯2段。
奥に見える鉄塔は500kVの新京葉線。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事