谷和原IC~守谷の鉄塔旅

2018年4/8、一人で守谷市・つくばみらい市に行き湖西線の鉄塔を見に行きました。
関東鉄道常総線の新守谷駅で降りてスタート。

画像

湖西線76号。耐張・山型鋼の紅白鉄塔。航空障害灯2段。上部が尖りの紅白鉄塔は数が比較的少ないです。
常磐道の谷和原ICの近くにあり、国道294号沿いですぐ回転寿司屋の近くにあります。

画像

76号の近くから見上げ。

画像

76号の小番号札。ほとんどがかすれてしまい高さは見えにくいですがなんとか読み取れて 64m でした。
建設年月は読み取れず。札は4隅丸穴付きプラ製。線路名のみ彫り文字になっています。

画像

76号の結界見上げ。

画像

新守谷駅前の歩道橋から見た湖西線76号と国道294号。奥に常磐道の谷和原IC。
手前はNTTドコモの携帯電話基地局アンテナ「CV高速谷和原」の大型モノポール型鉄塔で、高さ 43m 。

画像

湖西線77号。V吊り懸垂・山型鋼の普通色鉄塔。
こちらも谷和原ICの近くにあり、次の78号との間で常磐道を越えます。

画像

77号の小番号札。高さ 57m 。
建設年月は昭和54年8月。札は標準型アルミ製。

画像

湖西線78号。片側V支持付き耐張・山型鋼の紅白鉄塔。航空障害灯2段。
立沢公園の近くにある北守谷遊歩道の山王歩道橋から。
V支持碍子は有機碍子で、以前は3連の長幹碍子でした。V支持碍子付きのためなのか腕金相間の間隔が76号より広くなっています。
常磐道と通称「新守谷駅前通り」の4車線道路沿いにあります。常磐道からよく見える鉄塔で小さい頃から見覚えがある懐かしい鉄塔でもあります。
遠くに見える紅白鉄塔は鹿島線25号

画像

78号を近くから見上げ。154kV2回線単独鉄塔としては鉄塔の開きが広く迫力があります。

画像

78号の小番号札。高さ 67m 。76号より3m高いです。
建設年月は昭和54年8月。札は細文字・2桁番号下寄り型のアルミ製。

画像

夕暮れで航空障害灯が点灯した78号。

画像

湖西線79号。片側V支持付き耐張・山型鋼の普通色鉄塔。
同じく歩道橋から。

画像

79号の小番号札。高さ 53m 。
札は標準型アルミ製。

画像

立沢公園から湖西線79号と山王歩道橋のループ橋のタワー。このタワーはループする橋を支えるための主塔だと思います。
立沢公園(たつざわ)は広い公園で、遊歩道と一体化した広場を持ち、近くにショッピングセンターがあり遊歩道側にも出入口がある、とても良い場所でした。

画像

湖西線80号。耐張・山型鋼の普通色鉄塔。
北守谷遊歩道沿いで小さな公園の近くに建っています。
高さ 47m 。建設年月は昭和55年7月。

この記事へのコメント

プラ太郎
2018年05月06日 18:47
こんばんは
76号と77号の札の落差が激しいですね・・・。
76号の札は遠からず取り換えられそうに思います。
読みづらいと言えば、中部電力と関西電力も見た目そうなるような札がおおいですね。
東京電力みたいに高さ表記がないのが惜しいところでしょうか。
Tetto-kochan
2018年05月23日 16:21
プラ太郎 さん、こんにちは〜

札の文字が薄くなって読みづらくなっているのが意外と多いですね。読みづらくなると苦労してしまいます…
ちなみに76号はプラ製、77号はアルミ製です。
プラ製の札は文字が薄くなりやすく、また割れたり欠けたりするのも見かけます。薄くなった文字はマジックや手書きで直しているのもたまに見かけます。
2000年頃からはアルミ製の札が採用され、10年前後経ってもほとんどは文字が薄くならないので助かりますね。
新京葉線103号の札は文字が薄くなった上に右下が欠けてしまっていますが現在もそのままでなかなか交換されません…
薄くなって読みづらくなったり、割れたりなどの状態の悪いプラ製は早めに交換してほしいですね。

東京電力以外の送電鉄塔は高さ表記がないのが残念ですね。中部電力や関西電力や東北電力も高さ表記があったら良いのにな…

この記事へのトラックバック