2018年夏の鉄塔、高校野球地方大会の結果、6~7月の出来事と予定

今年の7月は猛暑が続きとても暑かったです。

そして第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会が7/30で終わり、56校すべて揃いました。

◇第100回の高校野球地方大会の結果
東西に分かれた千葉大会は、東千葉は21日の準々決勝で残っていた公立3校がすべて敗れ準決勝に入れず全滅、一方の公立校優勝に期待がかかる西千葉は習志野と市立船橋が準決勝進出。習志野と市立船橋の市立対決の決勝戦実現を期待していました。
しかし24日の準決勝は、習志野は中央学院に終盤で4点リードしたが守れず、延長戦でサヨナラホームラン打たれてしまい(5-6)まさかの逆転負け。
市立船橋は東京学館浦安に1点リードして9回裏先頭打ち取りあと2アウトだったが、フォアボールの後ひどいエラーが出てしまい同点に追いつかれサヨナラのピンチ、2アウトになったがタイムリーヒットを打たれてしまい(2-3)ここもまさかの逆転サヨナラ負け。
西千葉の準決勝は市立がどちらも逆転サヨナラで敗れてしまうという最悪の結果となってしまい、東西とも私立確定…
これで千葉は7年連続公立校優勝・甲子園出場なしとなってしまいました(泣) 本当にショックです・・・
西千葉は公立校優勝のチャンスだったが、せっかくの絶好のチャンスを逃してしまいました。
優勝・甲子園出場は東千葉が木更津総合(3年連続)、西千葉が中央学院(夏初出場、春夏連続出場)。

埼玉は南北とも公立校が決勝進出したがいずれも強豪私立に敗れてしまい優勝ならず、東東京は小山台が決勝進出したが29日の二松学舎に敗れてしまい15年ぶりの都立校甲子園出場ならず。
関東勢は100回記念大会も残念ながら公立校甲子園出場は一校も出ず(12代表すべて私立校)、4年連続関東勢公立校甲子園出場なしとなってしまいました(泣) これもショックです・・・
10年前(2008年)の第90回記念大会も関東勢公立校ゼロだったので、分割で多い記念大会は2大会連続関東勢公立校ゼロに。
せっかくの例年より3つ多い12代表もある関東勢の第100回記念大会を活かすことはできませんでした。

今年の甲子園出場校、分割で代表校が例年より7校多い56校の記念大会にもかかわらず公立校の数は…たったの8校・・・
昨年と同じ8校の最少タイで、2年連続公立校10校割れ(1桁)となってしまいました…
一方の私立校は48校で史上最多。今年こそ公立校がたくさん増えてほしいどころか記念大会でも昨年と同じ8校しか出ず6年連続増加がありません。
記念すべき100回目の記念大会は公立勢にとっては非常にさみしい結果となってしまいがっかりです

そして8月は5日に第100回夏の甲子園の全国高校野球選手権記念大会。今年こそ、公立校・千葉県勢・東北勢・北陸勢のどれか優勝してほしいです。

◎自分の近況◎
6/1 手賀の杜(ポスティングのついでに鉄塔撮影)
6/30 スポレク
7/2 遠足で草加「草加せんべいの庭」
7/8 千葉市 きぼーる
7/29 柏まつり

第100回の夏の高校野球千葉大会は、高温の晴れが長続きした影響で今年は残念ながら球場観戦に行くことができませんでした(泣)。2015年以来3年ぶり。

もちろん一人で歩いて根元に行く鉄塔旅は行けてませんが、電車や自動車の車内から鉄塔は撮れていますので、6~7月に撮った鉄塔写真を載せます。

画像

(2018年7/8)
東武アーバンパークラインの車窓から下総線3号の紅白鉄塔。
以前は普通色でしたが2016年に紅白に塗り替えられました。高さ 67m 、航空障害灯なし。左に下総線4号、江東線29号(103m)。
この日は澄んだ青空に雄大積雲が夏らしさを感じます。

画像

(2018年6/1)
新京葉線104・105・106号

画像

(2018年6/1)
新京葉線102号の若番側。

画像

(2018年7/2)
7/2は「草加せんべいの庭」に行く遠足で車内から鉄塔も撮りました。
東葛線35号(右・77m)と34号(左・70m)。
いずれも以前は色褪せていましたが最近のお色直しで紅白が綺麗になりました。

画像

(2018年7/2)
潮止線10号(71m)。以前は色褪せていましたが最近のお色直しで紅白が綺麗になり、また塗り分け位置も変わり下から3段目の腕金の色が赤から白に変わりました。

画像

(2018年7/2)
潮止線12号(72m)。こちらも最近のお色直しで綺麗な紅白鉄塔です。

画像

(2018年7/2)
外環道の下を走る国道298号から見た亀戸線22号(79m)。
最近のお色直しで綺麗な紅白になりました。小松川線18号は色褪せたままでした。


◎今後の予定◎
8/4 手賀沼花火大会
8/25 鹿嶋花火大会
9/13~14 三浦海岸旅行
9/15~16 愛知県で1泊

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック