2018年9月 三浦半島旅行 マホロバマインズに泊まりました

2018年9/13~14、ザザビの旅行で「マホロバマインズ三浦」に泊まりました。
2018年初の宿泊旅行。

マホロバマインズ三浦は本館14階建てのホテルで、客室は全室オーシャンビューのスイートルームタイプです。
以前はリゾートマンションだったようで、廊下と階段が外になっているのが特徴です。

☆1日目
2015年の井頭温泉以来3年ぶり現地からの貸切バスで行きました。今年の6月開通したばかりの外環道に乗り(松戸IC~高谷JCT)、首都高速湾岸線~横羽線でまずは横浜市みなとみらいのオービィ横浜に行きました。
首都高速~横浜横須賀道路に乗り、佐原ICで降りて南下し、15時に三浦海岸にあるホテル「マホロバマインズ三浦」に着きました。
宿泊は6~9階、自分の泊まった部屋は本館6階で、8~10人部屋のスイートルームタイプというかなり広い部屋で最高でした。今まで泊まった中で一番広い部屋だと思います。
部屋からの眺めは6階とやや低い位置でしたが眺めは十分で、天気は曇ってしまいましたが房総半島まで見えて良かったです。東京南線の鉄塔や横須賀火力発電所が見えました。
廊下側の景色は天気が曇ってしまったので富士山と夕焼けは見れませんでした。また階段で14階まで行きましたが特にたいしたことはありませんでした。廊下からは京急久里浜線の電車が見えました。
部屋に着いてすぐ、温泉大浴場に入りました。今回は露天風呂は付いていませんでした。
部屋に戻り、夕方の景色を見て、遠くの鉄塔などの航空障害灯や京急電車を見ました。
18時半頃に宴会場で夕食、和食会席料理を食べ、カラオケもしました。自分はラブライブの曲を歌いました
宴会で10年ほど前の職員だった横須賀に住んでいる知り合いが小学生と高校生と一緒に遊びに来たので、とても楽しかったです。
21時頃に自分の部屋よりさらに広い部屋で交流会、大人数で集まり、お菓子を食べました。部屋からの夜景を見ました。
交流会の終了は23時と早かったですが楽しかったです。そして自分の部屋の海側窓近くの畳部屋で就寝。

☆2日目
午前の夜明け~朝食前の朝は雨で景色はあまり見えず…
7時頃に朝食バイキング。部屋に戻って雨が止み視界も良くなりました。
9時過ぎにチェックアウトしホテルを出発、雨が降ったり止んだりの中、京急油壺マリンパークに行きました。
ファンタジアムでイルカショーがありました。カワウソや水族館もあり楽しかったです。
昼食はここでパスタを食べました。
帰りの道路は三浦縦貫道路~横浜横須賀道路~高速湾岸線、 そして東京湾アクアラインに入り初めてアクアトンネルを潜り、「海ほたる」に行きました。2007年の鴨川旅行以来11年ぶり2回目。
まだ雨が降っていて遠くの景色が霞んでしまい、今回も良い天気にならなかったのが残念でした。
海ほたるを出発した時に天気が回復し晴れ間も見えてきました。
アクアブリッジを渡り、館山道~東関東道~外環道という意外なルートで行き、松戸で高速道路を降りました。


今回のザザビー旅行は昨年2年前と同じぐらいでとても楽しかったです
部屋は6階、天気が曇っていましたが房総半島まで見えたので眺めが良く、夜景も良かったです。鉄塔や夜の航空障害灯の数は昨年と2年前よりはだいぶ少ないですが…
今回は夕食の宴会がとても楽しかったです☆。 部屋がとても広く、交流会も大人数で集まって楽しかったです。



ホテル部屋からの眺望と夜景の写真です。写真はすべて1日目。

画像

(18mm)
本館6階の部屋から久里浜方面の眺め。1日目の天気は曇っていましたが房総半島が見えました。
左に京急久里浜線の三浦海岸駅が見えます。

画像

(55mm)
画像

(55mm)
久里浜方面を少しズーム。

画像

(18mm)
三浦海岸、南房総市方面の眺め。

画像

(300mm)
望遠で横須賀火力発電所。2本の煙突は錆が目立ち、白色航空障害灯は点滅していませんでした。
昨年3月に全号機廃止になり、高さ200mの煙突が撤去され、残っている2本の高さ180mの煙突ももうすぐ解体撤去される予定。
左の無線鉄塔は最近の新設でLEDの白色航空障害灯が昼夜点滅(昼間も夜間のような点滅)。発電所解体と思われる紅白クレーンが3基。
右の遠くに薄っすらですが富津火力線の鉄塔が見えます。

画像

(150mm)
ハイランド(地名)の丘陵地に建つ、東京南線1.2号線(275kV2導体)と東京南線3.4号線(275kV4導体)と66kV4回線(大矢部線+若松町線と三崎線+横須賀線)の鉄塔群。
紅白鉄塔が2基、いずれも赤色航空障害灯2段。2基とも以前は普通色で2010年代前半に紅白塗り替え。
左から 大矢部線10号、東京南線1.2号線8-1号(交差紅白)、三崎線13号、東京南線3.4号線9号、東京南線1.2号線8号(上部しか見えない)、三崎線12号、東京南線3.4号線8号(紅白)。
東京南線3.4号線9号と8号、三崎線12号は高い小山の上に建っています。
丘陵地に住宅が密集しています。

画像

(300mm)
東京南線1.2号線8-1号の紅白鉄塔、東京南線3.4号線9号などの鉄塔のズーム。
東京南線1.2号線8-1号はV吊り懸垂に下段に66kV4回線の三崎線+横須賀線を併架交差する紅白鉄塔(高さ67m)。
三崎線13号は相間隔が広い66kV4回線鉄塔。

画像

(300mm)
東京南線3.4号線8号の紅白鉄塔と三崎線12号のズーム。
小山はフェンスに囲まれていて接近不可能(札確認困難)なのが残念です。
三崎線は相間スペーサが付いています。

画像

(18mm 22時半)
久里浜方面の夜景。

画像

(55mm 22時半)
ハイランド方面のズーム。東京南線の紅白鉄塔2基の赤色航空障害灯。

画像

(55mm 22時半)
横須賀火力発電所方面の夜景ズーム。
発電所の無線鉄塔と生活環境処理センター南処理工場の煙突(高さ170m)に白色航空障害灯が点滅。発電所の煙突は撤去予定なのか何も点いていません。紅白クレーン1基にLED式中光度の赤色航空障害灯が点滅。
遠くに富津火力線の航空障害灯3段点滅が見えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック