新京葉線88号・87号・86号 (2019年訪問)

2019年4/20、一人で柏市松葉町のイベントに行くついでに、新京葉線88号・87号・86号の3連続特大紅白鉄塔を見に行きました。
3基とも昨年の9月頃から今年の3月まで再塗装が実施されピカピカな紅白鉄塔になりました。
今回の再訪問で良い写真が撮れました。(以前撮った88号・87号・86号はこちら

画像

新京葉線88号。耐張・鋼管の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅(LED点滅・残光なし)。
以前は色褪せていましたが今年の3月まで再塗装が実施され綺麗な紅白鉄塔になり、塗り分け位置も変わっています。
道路の広い中央分離帯「松葉町緑地」に建っています。鉄塔上部の形は92号と同じですが開きが92号より広いです。

画像

新京葉線88号の小番号札。高さ 105m 、建設年月は昭和50年6月。高さと建設年月は92号と同じ。
札は標準型アルミ製。以前は旧式4隅丸穴付きプラ製で掠れていましたが塗装工事に伴い新品に交換されました。

画像

新京葉線88号の結界見上げ。開きが広いので大迫力の絵画です。

画像

新京葉線88号と松葉町緑地のツツジ。

画像

新京葉線87号。V吊懸垂・鋼管の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅(LED点滅・残光なし)。
88号とともに、15年前の2004年3月に見に行ったことがある鉄塔です。

画像

87号の老番側、88号を望む。

画像

かなり背の高いスリムな紅白鉄塔です。
87号はネットが付いていますが鳥よけのためなのかな。
周辺は住宅地が多いですが柵なしで真下に入れます。

画像

新京葉線87号の小番号札。高さ 114m
札は標準型アルミ製。以前は標準型プラ製(自分は撮影できず)で掠れた上に割れたり欠けたりでボロボロでしたが、
塗装工事に伴い新品のアルミ製に交換されました。
また建設年月が平成10年6月(1996~98年の増強工事終了)から平成9年5月(鉄塔完成年月)に変更されました。

画像

新京葉線87号の結界見上げ。スリムなので88号より高い割にシンプルを感じますがこれでもかなりの迫力があります。
ネットは南側と西側のみ付いていますがなぜでしょう。

画像

画像

新京葉線86号。V吊懸垂・鋼管の紅白鉄塔。赤色航空障害灯3段点滅(LED点滅・残光なし)。
13年前の2006年12月に訪問した鉄塔で、高さ 104m 。
最近の再塗装で塗り分け位置が変わり、下相の腕金が白から赤に変わり、下から白白赤から赤白赤に変わりました。
奥に85号の紅白鉄塔の頭が見えます。85号は背の低い鉄塔で、以前は普通色でしたが2015年頃に紅白に塗り替えられ、85~88号の4連続紅白鉄塔になりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック