2019年6月 埼玉県奥武蔵旅行で見た鉄塔

2019年6/6〜7の埼玉県奥武蔵旅行に行った時に見た鉄塔です。
今回の旅行は1日目に桶川に行ったので、べに花ふるさと館からと、圏央道の車窓から鉄塔をたくさん見ることができました。

DSC_9778.jpg
川口JCTの高架橋から北鳩線82号の154kV4回線特大紅白鉄塔(107m)。最近再塗装され紅白が綺麗になりました。
左奥に美園線13号の紅白鉄塔(67.7m)も見えます。一番右の白いのは外環道の防音壁、その遠くに京北線や南葛線も見えます。

DSC_9792.jpg
DSC_9802.jpg
べに花ふるさと館から見た上尾線2号の紅白鉄塔(84m)。275kV4導体、下回線に154kV東埼玉線を併架。
以前は通常色でしたが2013年に紅白に塗り替えられ、赤色航空障害灯(2段)も設置されました。

DSC_9806.jpg
上尾線3号老番側の鉄塔群、9号まで見える。5、7、9、11が紅白。

DSC_9789.jpg
埼玉県道12号から 上尾線2号紅白鉄塔、1号と東京中線2064号分岐紅白鉄塔、2063号紅白鉄塔。

DSC_9787.jpg
圏央道の桶川加納ICから見た上尾線2号紅白鉄塔。奥の小さな鉄塔は66kV吉野町線(以前は埼上線)。

DSC_9817.jpg
東京中線2064号分岐鉄塔と2063号の特大紅白鉄塔2基と上尾線1号。
東京中線が2導体に対し上尾線は4導体です。

DSC_9809.jpg
べに花ふるさと館からグリコピアに向かう途中、東京中線2064号の分岐特大紅白鉄塔のすぐ近くを通過しました。
高さ 96m (一般用番号札も見えました)。赤色航空障害灯3段点滅付き。
色褪せた紅白鉄塔なのでそろそろ再塗装してピカピカにしてほしいです。

DSC_9815.jpg
DSC_9816.jpg
東京中線2063号の紅白鉄塔。
66kV4回線の吉野町線を跨ぐためかなり高い紅白鉄塔で、高さ 99m もあり東京中線で一番高い鉄塔です。赤色航空障害灯3段点滅付き。
東京中線を潜る吉野町線42号はなぜか矩形鉄塔になっています。

DSC_9810.jpg
DSC_9811.jpg
グリコピアから見た 東京中線、上尾線、東埼玉線、吉野町線 の鉄塔群。奥に桶川市街地。
下の写真の手前の鉄塔が東埼玉線41号、その次が43号、片側V付き(懸垂碍子)耐張鉄塔。2016年頃に建て替えられた新しい鉄塔で、以前は嵩上げ改造された古い鉄塔でした。

DSC_9819.jpg
圏央道の桶川加納ICから見た東京中線2066号以降の鉄塔たち。2066〜68号の紅白鉄塔3連続。
グリコピアに行った後、桶川加納ICで再び圏央道に乗りました。

DSC_9820.jpg
東京中線のたくさんの紅白鉄塔。奥に連なる紅白鉄塔。2070〜73号と4連続、さらに2074〜80号と7連続する紅白鉄塔天国です。
連なる紅白鉄塔の途中に見えないが迂回する2073-1号の通常色鉄塔があるので、紅白4連続と紅白7連続がつながって連なっているように見えます。

DSC_9822.jpg
圏央道の桶川北本IC付近から東京中線2053号〜の鉄塔群。
2054号(80m)、2055号(75m)、2056号(91.3m)の紅白鉄塔3連続。2054・55号は色褪せた紅白、2056号は綺麗な紅白。

DSC_9826.jpg
東京中線2043号の老番側を望む鉄塔群。2043号から49号まで紅白鉄塔が7連続する、紅白鉄塔天国の鉄塔群です。
2045号で角度を変え、2046号(81m)と2047号(78m)で荒川を越えます。
2018年4月はこちら

DSC_9823.jpg
東京中線2046号の若番側を望む鉄塔群。遠くに新古河線を跨ぐ只見幹線423号の白色点滅付き超特大鉄塔が見えます。

DSC_9828.jpg
東京中線2041号の特大紅白鉄塔(95m)。

DSC_9829.jpg
東京中線2038号の紅白鉄塔(70m)。2014年に66kV北里第一三共線の新設で下回線に併架され、さらに最近1回線分岐も新設されました。

DSC_9831.jpg
新坂戸変電所。中央の鉄構が電発の275kV只見幹線、左の鉄構と右の大きな鉄塔が電発の500kV只見幹線。奥に群馬幹線。

DSC_9832.jpg
新鶴ヶ島線19号の紅白鉄塔(89m)。

DSC_9834.jpg
南狭山線15号の特大紅白鉄塔。上回線の275kV4導体、中回線に154kV旭ヶ丘線を交差、下回線に66kVが段違いで十字で分岐する、腕金12段で高さ 107m の特大紅白鉄塔です。

DSC_9835.jpg
南狭山線17号(72m)、16号(77m)、15号(107m)。
17号はほぼ直角に曲がり併架する66kVが段違いになっている十字形山型鋼の重圧感のある鉄塔です。

DSC_9907.jpg
帰りの関越道から川越線32号の緑色2本脚美化鉄塔と川越線を跨ぐ志木線6号の紅白鉄塔(66m)。
この写真のみ2日目。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kaede
2019年09月09日 13:30
突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見し、鉄塔に関心を持つようになりました、kaedeと申します。

お忙しいところ申し訳ございませんが、鉄塔の番号札の名称についてと、4回線併架鉄塔における上下の送電線の名称について質問がございます。

鉄塔の会社名・線路名・支持物番号(鉄塔番号)・建設年月・高さを示す番号札を「小番号札」と呼称していますが、こちらは一種の業界用語でしょうか。初めて目にします。
http://www.tepco.co.jp/pg/consignment/rule-tr-dis/pdf/setuse2-j.pdf の73ページによりますと、「一般用番号札」と記載していますが、ご確認いただけますでしょうか。

4回線併架鉄塔において、上下の送電線を「上段」または「下段」と呼称していますが、こちらも一種の業界用語でしょうか。
http://www.ekouhou.net/%E4%B8%89%E7%9B%B8%E5%9B%9B%E5%9B%9E%E7%B7%9A%E4%BD%B5%E6%9E%B6%E9%89%84%E5%A1%94%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%B6%9A%E6%B5%81%E9%81%AE%E6%96%AD%E6%A9%9F%E5%99%A8%E3%81%AE%E9%81%A9%E7%94%A8%E6%A7%8B%E9%80%A0/disp-A,2009-303320.html によりますと、「上回線」または「下回線」と記載していますが、ご確認いただけますでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、なにとぞご教示のほどよろしくお願い申し上げます。
kaede
2019年09月09日 23:45
このたびの台風15号による千葉県君津市の鉄塔の倒壊の報に接し、心よりお見舞いを申し上げます。

倒壊した鉄塔は、千葉県君津市のかずさアカデミアパークにあるかずさ4号公園の近くに建つ木内線 No.78 鉄塔と、千葉県道33号 君津平川線の近くに建つ木内線 No.79 鉄塔の2基です。木内線 No.78 鉄塔は、内房線 No.15 と小糸川線 No.15 を、木内線 No.79 鉄塔は、内房線 No.14 と小糸川線 No.14 を兼ねています。この6回線併架鉄塔は、下回線が木内線で、上回線に内房線を、中回線に小糸川線を併架しています。
このことから、このたびの鉄塔倒壊は、被害甚大と拝察いたし、気遣われてなりません。

一日も早いご再建をお祈りいたします。
Tetto-kochan
2019年09月10日 16:34
>kaedeさん
はじめまして。

 >番号札、併架
「一般用番号札」は前から聞いたことがあるので知っています。
自分は2015年4月以降は「小番号札」、2014年までは「小札」と書いていました。 
人によっては「札」「小型番号札」「銘板」「小プレート」など表記がまちまちでした。
次の投稿から「一般用番号札」にしようと思います。併架の「段」も「回線」にしようと思います。

 >君津市の送電鉄塔倒壊
9日の朝、テレビで見ました。今回は66kVですが6回線という多回線なのでこれは大変ですね。この影響で広範囲に停電が発生してしまいました…
台風で東電の送電鉄塔が倒壊したのは2002年10月台風21号の275kV香取線の9基以来だと思います。
kaede
2019年09月10日 19:33
お世話になっております。
kaedeと申します。

このたびは、急なコメントにもかかわらず早急にご回答いただき、誠にありがとうございます。

おかげさまで、鉄塔について理解を深めることができました。

ご教示いただいた鉄塔の番号札の名称についてと、4回線併架鉄塔における上下の送電線の名称について確認いたしました。
http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/procure/plan/suppliers/pdf/eng_hyojifuda-j.pdf の28ページの右側に「一般用番号札」、35ページの右側に「大型番号札」が記載されています。
http://www.yokawa.co.jp/tankeihin1.html においても、それぞれ「大型番号札」、「一般用番号札」と呼称されています。
https://www.tomoe-corporation.co.jp/steel-tower/works/details/01-07.html によりますと、「上回線」、「下回線」と記載されています。写真の鉄塔は、茨城県鹿嶋市の日本製鉄 鹿島製鉄所 西門の近くに建つ鹿島パワー線 No.4 鉄塔です。住友金属線 No.12 を兼ねています。この4回線併架鉄塔は、上回線が鹿島パワー線で、下回線に住友金属線を併架しています。
したがって、「小番号札」の正式名称は「一般用番号札」、「上段」または「下段」は「上回線」または「下回線」と呼称すると考えられます。

https://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g21212b03j.pdf によりますと、平成14(2002)年10月1日に台風21号により、茨城県潮来市と鹿島市に施設された香取線 No.19 鉄塔から No.26 鉄塔までの8基の鉄塔と、湖南線 No.22 鉄塔と No.23 鉄塔の2基の鉄塔の合計10基の鉄塔が損壊する事故が発生していました。
このたびの台風15号により被害を受けた皆さまには、心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りしております。

お忙しいなか、ご丁寧に対応いただき、心よりお礼申し上げます。
今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。
kaede
2019年09月10日 22:26
コメントが連続して失礼いたします。kaedeです。

恐縮ではございますが、さきほどのコメントに漢字の誤りがございましたため、訂正させていただきたくコメントをいたします。
誠に申し訳ございません。

「鹿島市」ではなく、「鹿嶋市」が正しい表記となります。

このたびは私の不注意により、ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

今後はこのようなことがないよう、注意を払ってまいります。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事