春日部の山西線鉄塔旅 その1

2019年11/20、一人で春日部市に行き、山西線の139〜142号とイオンモール春日部の近くの鉄塔を見に行きました。
その1は山西線139号の紅白鉄塔です。

DSC_0454.jpg
山西線139号と若番側。奥の138号は下回線部分で捻架になっている鉄塔。66kV2回線ですが4回線に対応しています。
遠くに見える紅白鉄塔は125号124号、右に108号。

DSC_0455.jpg
山西線139号。山型鋼の紅白鉄塔。赤色航空障害灯2段。
上回線腕金がドラキュラ型で鉄塔下部に地中引き込み用の架台腕金が付いている引き下ろし対応鉄塔ですが引き込みの電線が無く使用されていない珍しい鉄塔です。また、カーブしていますがなぜか向きが合わない角度の斜めになっています。

DSC_0456.jpg
DSC_0458.jpg
澄んだ青空と紅白が似合い綺麗です。

DSC_0459.jpg
DSC_0472.jpg
横から139号。

DSC_0474.jpg
139号紅白・138号捻架と道路と連なる電柱。筑波山が見えます。

DSC_0468.jpg
道路から139号の見上げ。
引き下ろし・地中引き込み対応鉄塔なのに引き込み線がないと違和感を感じます。果たして引き込みの設備が使用されることはあるのでしょうか。

DSC_0470.jpg
139号の下部。地中引き込み用の架台腕金が付いていますが使用されておらず、柵もないので真下に入ることができます。

DSC_0461.jpg
DSC_0462.jpg
DSC_0464.jpg
DSC_0465.jpg
地中引き下ろし分岐対応の鉄塔なので、山西線139号を近くからいろいろな角度から見上げてみました。

IMG_6017.JPG
山西線139号の一般用番号札。高さ 64.4m 。
建設年月は平成6年4月。札タイプは彫り文字型プラ製。番号の「一三九」だけ掠れています。

IMG_6019.JPG
IMG_6020.JPG
山西線139号の結界見上げ。上写真が中心、下写真が中心から少しずらして上部分もよく見えるようにしたもの。
引き下ろし対応鉄塔としては貴重な結界見上げ絵画です。下部にある架台の足場が目立ちます。
将来、引き込み設備が使用されるようになれば柵も設置されて真下に入れなくなると思います。

DSC_0463.jpg
架台腕金の見上げ。こちらも滅多に見られない真下からの見上げです。

IMG_6033.JPG
県道42号線の道路から140号と139号の若番側。
遠くに山西線108号の特大紅白鉄塔、河北線3.4L線と河北線1.2L線の利根川横断紅白鉄塔が見えます。


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事