「もりのゆうえんち」の観覧車からの眺望 2019年 その1

2019年11/30、一人で野田市の「もりのゆうえんち」に行き、高さ 65m の大観覧車「ジャイアントホイール」に乗りました。
8年ぶりに乗り、1日2回乗ったので3・4回目の乗車です。
空気の澄んだ天気だったので2011年の頃よりさらに遠くまで見えて最高でした。
その1は 筑波山〜新野田変電所〜柏市 方面の眺めです。

DSC_0516.jpg
(55mm)
新京葉線63号分岐特大紅白鉄塔周辺の鉄塔群。

DSC_0536.jpg
(70mm)
新京葉線63号より北西側の鉄塔群。

DSC_0518.jpg
(125mm)
新京葉線63号以降の鉄塔群のズーム。

DSC_0519.jpg
(300mm)
新京葉線63号以降の鉄塔群をさらにズームし300mmの超望遠。大迫力の特大鉄塔群です。空気も前回よりだいぶ澄んでいて最高でした☆★
新京葉線の鉄塔は右から 76号紅白(88m 赤色2段点滅)、64号鹿島線交差(118m)、63号新野田線分岐紅白(125m 赤色3段点滅)・65号(90m)、75号、66号紅白(114m 赤色3段点滅)、69号(95m)、68号紅白(97m 赤色3段点滅)、67号(74m)、70号(76m)、74号、71号紅白(122m 赤色3段点滅)、73号紅白(100m 赤色3段点滅)。
新京葉線の紅白鉄塔は最近再塗装されて紅白が綺麗になり、紅白塗り分け位置も微妙に変わっています。
赤い橋は新大利根橋、トラス橋はJR常磐線の利根川橋梁。遠くに印旛線の利根川を越える特大紅白鉄塔が見えます(新京葉線63号と66号の間に印旛線73号、新京葉線70号の奥に見えにくいが印旛線72号)。

DSC_0520.jpg
(92mm)
新京葉線63号(125m)と新野田線1号(122m)と新野田変電所無線紅白鉄塔。

DSC_0524.jpg
(185mm)
新野田線1号特大通常色鉄塔と東京東線3071・3072号の紅白鉄塔2基のズーム。
東京東線3071・3072号が2014年に建て替えられ2基とも紅白鉄塔になりました。3071号(69m 赤色2段)・3072号(62m 無し)と低めなので新野田線1号の特大通常色鉄塔(122m 航空障害灯無し)に圧倒されます。
奥の新京葉線は左から 77号(昼夜白色頂部のみ)、78号、79号(昼夜白色頂部のみ)、80号、81号(116m 白色2段+赤色3段点滅)、82号(105m)、83号(108m 白色2段+赤色3段点滅)、84号、85号紅白(66m 無し)。
新京葉線83号の白色航空障害灯がちょうど写りました。

DSC_0521.jpg
(240mm)
新野田変電所の無線紅白鉄塔(赤色3段点滅)。
その右に見える東葛線2号が最近建て替えられていました。以前はV支持付き耐張で頂部の首が長めでしたが、新鉄塔はI支持付き耐張でややコンパクトになり頂部の首も短くなりました。以前のV支持の方が好きだったので建て替えは少し残念です。
奥に新京葉線86号(104m 赤色3段点滅)、87号(114m 赤色3段点滅)の特大紅白鉄塔2基。左の低い紅白鉄塔が東京東線4012号(64m 赤色2段)。
東葛線2号の奥の建物が我孫子の「けやきプラザ」。右の遠くに千葉ニュータウンの超高層ビルが見えます。

DSC_0506.jpg
(155mm)
鹿島線6号特大通常色鉄塔のズーム。
鹿島線6号(116m)・5号(80m)、新京葉線61号紅白(99m 赤色3段点滅)、東京東線3068号紅白(73m 無し)・3069号紅白(73m 赤色2段)

DSC_0522.jpg
(195mm)
新京葉線61号(99m)、鹿島線7号(89m 赤色2段)、東京北線3068号(73m)、利根川を越える湖西線(91号?)の4つの紅白鉄塔のズーム。
中央の建物がクリアビューゴルフクラブ&ホテル。

IMG_6073.JPG
(コンデジ最広角)
新京葉線63号分岐紅白・新野田変電所方面の広角側。国道16号線が走り、近くの鉄塔が水海道線20号。

DSC_0500.jpg
(62mm)
筑波山方面。新京葉線の3連続、東京北線3063号、水海道線の利根川越え2基 の紅白鉄塔が見えます。
中央の鉄塔が水海道線22号。

DSC_0504.jpg
(78mm)
筑波山(標高877m)、新京葉線48号(76m 赤色2段)・49号(78m 無し)・50号(85m 赤色2段)の3連続V吊懸垂紅白鉄塔、東京北線3063号の紅白鉄塔(75m 赤色2段)。
新京葉線は49号と50号の間で利根川を越え、49号はコンクリートラーメン基礎付き(写真では見えないが)で、向きが斜めになってます。
中央の高い通常色鉄塔が東京北線3062号(72m)。

DSC_0503.jpg
(135mm)
水海道線の利根川を越える紅白鉄塔2基。低い右が36号に対し、高い左が89号と番号が53も飛んでいます。89号は高さ 85m 、赤色2段付きで、コンクリートラーメン基礎付き。
新京葉線51・52・53号が横切り、水海道線32・33号の間で新京葉線52・53号間を潜ります。潜る水海道線の2基はかつては門型鉄塔でしたが引き下ろしタイプの鉄塔に建て替えられました。
左手前に東京北線3063号の紅白鉄塔(75m)。

DSC_0508.jpg
(62mm)
新京葉線54・55・56号の2018年に建て替えられた新しい紅白鉄塔3連続。54・55号は耐張、56号はV吊懸垂、3基すべて新工法鋼管鉄塔。
新古河変電所〜新京葉線63号間初の平成以降の建て替え鉄塔です。

DSC_0502.jpg
(55mm)
新京葉線49〜54号。

DSC_0509.jpg
(55mm)
東京北線3060号紅白鉄塔(79m 赤色2段)と2014年建て替えの3058号紅白鉄塔(74m 赤色2段)、左に新京葉線40号(81m 無し)・42号(66m 無し)の紅白鉄塔2基。
中央の橋が芽吹大橋。遠くに小さく新佐原線16号・17号の2基の特大紅白鉄塔が見えます。

DSC_0526.jpg
(100mm)
守谷方面。
右の大きな建物が「ブランズシティ守谷」のタワーマンション(30階 101.21m 赤色点灯)とアサヒビール茨城工場のアイムタワー(約60m)。中央左の遠くに牛久大仏(120m 赤色3段点滅)が見えます。
左の紅白鉄塔が利根川を越える鹿島線11号(74m 無し ラーメン基礎付き)、中央の紅白鉄塔が鹿島線14号(64m 赤色2段)、左に鹿島線の500kV設計紅白鉄塔3基。新京葉線は58号と59号。

DSC_0533.jpg
(195mm)
新守谷方面。
紅白鉄塔は左から 筑波南線17号(77.2m 赤色2段)、湖西線76号(64m 赤色2段)、新佐原線77号(130m 赤色3段点滅)、湖西線78号(67m 赤色2段)、鹿島線30号(105m 赤色3段点滅)、鹿島線29号(105m 赤色3段点滅)、鹿島線25号(88m 赤色2段)。

DSC_0523.jpg
(220mm)
柏の葉タワーマンション群と北柏〜沼南の新京葉線。
新京葉線は左に90号紅白鉄塔(110m 赤色3段点滅)、その右に95〜106号の12連続紅白鉄塔が見えます。92号紅白鉄塔はタワーマンションに遮られて見えませんでした。
新京葉線90号のすぐ右の紅白鉄塔が東京東線4019号(67m 赤色2段)。右の遠くにも新京葉線の連続紅白鉄塔、印旛線95号紅白鉄塔、房総線の紅白鉄塔も見えます。
タワーマンションはすべて「パークシティ柏の葉キャンパス」で、左から 二番街D棟(25階 86.85m)、ザ・ゲートタワー(36階 128.78m 赤色点灯)、二番街C棟(25階 86.85m)、ザ・ゲートタワーウエスト(36階 129m 無し)、一番街A棟(35階 114.5m 赤色点灯)、一番街E棟(32階 104.9m 無し)、一番街C棟(34階 111.3m 無し)。
柏市で一番高い建築物は「パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウエスト」(36階 129m)ですがなぜか赤色航空障害灯は設置されていません。隣の「ザ・ゲートタワー」(36階 128.78m)は赤色航空障害灯付き。
「ザ・ゲートタワー」は2016年竣工で 128.78m 、後に完成(2018年竣工)した「ザ・ゲートタワーウエスト」は 129m で見かけ上わずかに高く一番高いですが、なぜ航空障害灯は設置されなかったのでしょうか? 「ザ・ゲートタワーウエスト」も早期に赤色航空障害灯を設置してほしいです。
同様に一番街の赤色航空障害灯付きは一番高いA棟のみで、C棟とE棟は設置されていません。

DSC_0537.jpg
(200mm)
柏市街地。中央の鉄塔が北葛飾線5号、その右の紅白鉄塔が東葛線12号(67m 赤色2段)、右の大きな無線紅白鉄塔が防衛省柏送信所(100m 赤色3段点滅)。
遠くに新京葉変電所の鉄塔群、江東線2号の特大紅白鉄塔が見えます。


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事