思川〜小金井の鉄塔旅 羽川線・小山-小金井線などの鉄塔

2014年5/4に行った思川〜小金井の鉄塔旅の追加記事、羽川線や小山-小金井線などの鉄塔を載せます。

DSCF7933.JPG
小山-小金井線(JR東日本 66kV)の小さな1回線鉄塔と上三川線や猪苗代新幹線の鉄塔群。
左に上三川線19・20号の5回線鉄塔で上1回線が小山-小金井線、20号で中2回線の上三川線が段違いで羽川線を分岐。右に猪苗代新幹線590号の交差+分岐の大きな紅白鉄塔が見えます。

小山-小金井線は残念ながら最近廃止になってしまったようです。既に一部で鉄塔撤去も始まっており、写っている低い小さな1回線鉄塔もまもなく除却されます。

DSCF7952.JPG
羽川線1号&小山-小金井線25号。耐張の山型鋼鉄塔。
上1回線がJR東の小山-小金井線、下2回線が東電の羽川線。会社が異なる3回線鉄塔で、用水路の上に建ち下部に根開きがある、珍しい鉄塔です。
夕方18時前になったため時間の関係で根元に行きませんでしたが、後にウェブで高さ 36m と確認しています。
小山-小金井線は最近廃止になったので、上1回線は空き腕金になるのかな。

DSCF7953.JPG
羽川線2号&小山-小金井線26号。耐張の山型鋼鉄塔。用水路上で下部根開き、用水路と一緒に曲がります。

DSCF7956.JPG
羽川線2号&小山-小金井線26号と猪苗代新幹線590号。

DSCF7955.JPG
一般用番号札は同じ脚に東電の羽川線2号とJR東の小山-小金井線26号が両方付いています。
高さ 38m 。建設年月は東電は 昭和47年6月 、JR東も 昭和47年6月 で同じでした。
東電の札タイプは旧式プラ製。

DSCF7960.JPG
羽川線3号&小山-小金井線26-1号。耐張の山型鋼鉄塔。羽川線が左へ曲がり小山-小金井線と別れます。
3基とも用水路上で下部に根開きがある鉄塔でした。

DSCF7961.JPG
羽川線3号&小山-小金井線26-1号の一般用番号札。高さ 35m 。建設年月はこちらもいずれも 昭和47年6月 でした。

DSCF7918.JPG
川中子線45号。I吊懸垂の山型鋼鉄塔。公園内に建つスリムな66kV2回線鉄塔です。

DSCF7919.JPG
川中子線45号の一般用番号札。高さ 38m 。
建設年月は 平成8年12月 。札タイプは彫り文字型プラ製。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事