栃山線と新茂木線の鬼怒川を越える特大紅白鉄塔

2010年10/20、那須旅行のついでに鬼怒川を越える大きな紅白鉄塔を見に行きました。氏家駅で降りタクシーで行きました。

画像

(2009年10/21)
2009年の鬼怒グリーンパーク付近の土手から鬼怒川を越える栃山線と新茂木線の特大紅白鉄塔。
栃山線は154kV4回線2導体、新茂木線は500kV4導体。
右がさくら市側で栃山線12号と新茂木線411号、左が宇都宮市側で栃山線11号と新茂木線410号。
奥の山は高原山です。

画像

(10年10/20)
栃山線12号。I吊懸垂の鋼管紅白鉄塔です。赤色航空障害灯3段点滅。

画像

(2010年10/20)
栃山線12号の一般用番号札。高さは 130m でした。非常に高い紅白鉄塔です。
建設年月は昭和60年6月。札タイプはプラ製。

画像

(2010年10/20)
新茂木線411号の下から栃山線12号。

画像

(2010年10/20)
新茂木線411号。V吊懸垂の鋼管紅白鉄塔です。当時は航空障害灯無し(現在は赤色航空障害灯3段点滅が設置されています)。

画像

(2010年10/20)
新茂木線411号の一般用番号札。高さは 106m でした。栃山線12号より24m低いです。V吊懸垂で白赤赤なので120m級に見えますが予想より低い鉄塔でした。
建設年月は昭和47年11月。札タイプは細文字型アルミ製。紅白がピカピカで最近再塗装されたようです。

画像

(2010年10/20)
新茂木線411号の結界見上げ。この日は天気が曇ってしまい紅白が見えにくいのが残念です。晴れていれば綺麗です。

画像

(2009年10/21)
2009年の鬼怒グリーンパーク付近の土手から望遠で栃山線12号と新茂木線411号。

画像

(2010年10/20)
栃山線11号と新茂木線410号の紅白鉄塔。栃山線は上回線に相間スペーサーが付いています。

画像

(2010年10/20)
栃山線11号は耐張の鋼管紅白鉄塔です。赤色航空障害灯3段点滅。
新茂木線410号は耐張の十字型山型鋼紅白鉄塔です。航空障害灯無し。

画像

(2010年10/20)
栃山線11号の一般用番号札。高さ 117m 。12号より13m低いです。

画像

(2010年10/20)
栃山線11号の結界見上げ。

画像

(2010年10/20)
新茂木線410号の一般用番号札。高さ 102m 。411号より4m低く、隣の栃山線11号より15m低いです。
耐張で白白赤ですが以外と低いです。こちらは紅白が色褪せています。

2004年1月の鬼怒川旅行で国道4号から、初めて見た時は電圧と紅白の塗り分けにより新茂木線の方が高く見えましたが、結果的には両側とも栃山線の方が高かったです。
栃山線は154kVですが他より相間の間隔が広く、新茂木線は他の500kVより相間の間隔が狭いからでしょう。

"栃山線と新茂木線の鬼怒川を越える特大紅白鉄塔" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事