快晴の東京東線4033号と新京葉線92号の紅白鉄塔 他

2013年11/8、柏市中央体育館のスポーツレクがありました。良い天気だったのでついでに鉄塔を少し見に行きました。

画像

画像

秋の快晴の東京東線4033号新京葉線92号の紅白鉄塔。
東京東線は紅白化されたばかりで綺麗です。新京葉線は色褪せてきたのでそろそろ再塗装の時期です。

画像

東京東線4033号と新京葉線92号を重ねてみました。曲がる角度が同じで少し似た形の鉄塔に紅白の塗り分けがほぼ同じなので、紅白鉄塔が同じ形に見えそうです。
自分が子供の時、車で北柏に向かう時によく通る時に見えた鉄塔で自分の懐かしい所でもあります(4033号が通常色の時)。

画像

東京東線4033号の一般用番号札。高さ 60m 。

画像

東京東線4033号の結界見上げ。8/3の夜に続き、快晴の昼間で再び行きました。

画像

東京東線4031号。I吊懸垂の鉄塔。
4030号との間でJR常磐線を越えます。

画像

東京東線4031号の一般用番号札。高さ 48m 、建設年月は 昭和33年11月 で建設当時の原型鉄塔です。札タイプは標準型アルミ製。

画像

新京葉線91号に行ってみたら、一般用番号札に変化がありました。以前は高さ 85m でしたが、最近一般札がアルミ製(細文字型、北千葉線66号などの同型)に交換され、高さが 87m に変わっていました。
15年前の改造時に架空地線腕金が跳ね上げ式(東電の500kVに多い)になり2m高くなったのでしょう。
93号の一般札も91号と同じアルミ製に交換されています(8/3に行ったとき確認)。

画像

(2009年10月)
新京葉線91号の交換前の一般用番号札。旧式4隅丸穴付プラ製。

画像

新京葉線91号の結界見上げ。

"快晴の東京東線4033号と新京葉線92号の紅白鉄塔 他" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ

最近のコメント

最近の記事